エリザベス・オリバーさん講演会。

広島の迷子犬ラルスちゃんまだ見つかっていません。なにかあったら◆ラルスちゃん掲示板◆まで。




講演会、無事終了しました!

たくさんの人に来ていただいて、うれしかったです!

私、ほんとに、100人くらいしか集まらないんじゃないかと、ガクブルしてましたw

そして、ステッカーもバッチも、ARKグッツもたくさん売れたみたい!

皆さん本当にありがとうございました!!!!!!!

ステッカーやバッチの売り上げは、今後保護した動物の病院代などに使わせていただきます。

そして、広島動物ネットワークの皆さん、本当にお疲れ様でした!

写真とってもらったw
f0076451_1395990.jpg

私、でかっ!w
ほんとは、オリバーさんのほうが背とか高いんです。
私が、でぶいだけなんですw
オリバーさんは、とっても小顔でうらやましかったw
どの写真も私、巨人みたいにうつってますからw

オリバーさんの講演はとってもためになりました。

私の中で印象的だったのは、広島の愛護センターで処分される動物1頭あたりにかかる殺処分費用を、誰も知らなかったことに、オリバーさんが「自分達の税金なんだから、知っておかないと!」って言われてたこと。
大阪は、1万6千円だったかな?人件費込みだと2万くらいなんだそうです。

私、これは言い方悪いから、気分を害する人もいるかもしれないけど、あまりに「おてがる」に大量の命が殺されすぎてて、1頭当たりにそんなに費用かかることも知らなかったし、「処分される動物がかわいそう!最後まで責任とって飼え!」と言いながら、自分からは「かわいそう!」って事しか発信してなかったので、この事が心に突き刺さりました。

自分達が払ってるお金が、動物が殺される費用に使われている事に今まで気づかなかったよ。

それから、避妊去勢の大切さや、日本は、イギリスに比べてあまりに動物への意識が低すぎるお話もされてました。

「去勢や避妊はかわいそう」って言う人たちは、その子供が殺されるのはかわいそうじゃないのか?とおっしゃってました。
確かにそうです。
しかも、病気予防の点から見ても、避妊去勢しなかったら、歳を取ってから病気になった場合、リスクの高い「命がけ」の手術をしなきゃいけなくなる場合が多いんじゃないかな?
それは、かわいそくないのかな?


イギリスには、動物を処分するためのセンターはないんだって、日本は、動物が飼えなくなったら、捨てるかセンターに持ち込むかの2択しかないけど、イギリスは、「シェルター」って言う犬を保護する施設がたくさんあって、そこに連れて行くんだって。

そして、衝撃を受けた言葉、第2段!

日本では、お散歩中犬同士がであったら、飼い主さん同士、犬が喧嘩しないように、リードを強くもって用心しながら通り過ぎたり、犬同士挨拶させたらうなったとかが多いよね?
しかも、ノーリードはだめだし。
イギリスの犬は、公園で離したりできて、そして、きちんとしつけが行き届いてるから、初めての犬同士であっても、うなったりしない、仲良く遊び始めるんだって!
日本もいつか、そんな国になったらいいな!

講演会はこんな感じ。
f0076451_1253133.jpg


パネル展にも、たくさんの方が興味を持ってくださいました。
f0076451_13185698.jpg


f0076451_1319540.jpg


f0076451_13191527.jpg


f0076451_13192374.jpg


そして、講演会では、ドン・マツ五郎の五郎さんや、ラルスちゃんのポスター貼り手伝ってくださった方ともお会いできました~!
なんだか、プチオフ会みたいでしたw
[PR]
by tamamio_o | 2006-04-23 12:55 | *自分*
<< 飼い主と一時預かり募集。 間。 >>